toggle

About

Philosophy

美意識に語りかけるバッグ

思考を表現するための手段として鞄を制作。あらゆる芸術や自然現象からインスパイアされたものを作品に落とし込む。そこから伝わったメッセージは人々の感情を動かし美的感覚を刺激する。

Bags that speak to your aesthetic sense

He creates bags as a means to express his thoughts. Inspired by all kinds of art and natural phenomena, he incorporates them into his works. The messages conveyed through these works move people’s emotions and stimulate their aesthetic senses.

Style

生命エネルギー

思いを込めて作られたものには、強い力が宿る。そのエネルギーは、制作者から作品を通じて、触ったり、見た人々へ伝わる。自身のの哲学である「人々の感情を動かす」を実現するために、ハンドステッチ、ハンドペイントなどで作品に命を吹き込みます

Life Energy

When something is created with thought and care, it possesses a strong power. This energy is transmitted from the creator to those who touch and see the work. In order to realize his philosophy of “moving people’s emotions,” he breathes life into his works by hand stitching, hand painting, etc.

 

簡素性

本当に必要としている線だけを残す。自問自答しながら、削ぎ落としていくデザイン。その結果生まれる作品には、自身の哲学や伝えたいものがストレートに反映される。言葉にできないものを伝えたいからこそ、簡潔にまとめることが重要だと考えています。

Simplicity

Only keep the lines that are truly necessary. Asking himself the same question, he strips away the lines of design. The resulting work straightforwardly reflects his philosophy and what he wants to convey. I believe it is important to be concise because I want to convey something that cannot be put into words.

 

美の最大化

素材や造形、概念を考慮した上で、要素を追加し、調和の取れた、緊張感のある美しさ(シュバヌング)を生み出します。

Maximizing Beauty

In the same way, elements are added to the face, taking into account materials, shapes, and concepts, to create a harmonious, taut beauty.

Raman  Morigo

1993 大阪に生まれる
2015 龍谷大学理工学部環境工学科 卒業
2016 国内バッグメーカー縫製部門 就職
2018 
退職後 Atelier Raman 開業
2022 全日本芸術公募展 入選